ヤンバルクイナが飛んだ空

大好きな森久保祥太郎さんを語ることがメインのブログです。

最近小泉孝太郎さんも好き。
祥ちゃん吹き替えのクリミナル・マインドに大ハマリ中。
その他日常や、好きな音楽・人・作品について思うことを書いてます。

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

人気ブログランキング

よかったらクリックお願いします

PROFILE

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENTS

LINKS

SEARCH

OTHERS

みんなのブログポータル JUGEM

<< クリミナル・マインド FBI 行動分析課 12話 連れ去られた少女 | main | クリミナル・マインド FBI 行動分析課 14話 死刑へのカウントダウン >>

スポンサーサイト

2008.03.02 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |

クリミナル・マインド FBI 行動分析課 13話 薬物混入

2007.11.08 Thursday 01:59

(10月23日分)
英題:Poison


今回の事件はLSDを摂取したことによって幻覚を見た父親が、息子を殴って重症を負わせてしまいます。
LSDは幻覚剤で、日本では麻薬に指定されています。
ギデオンはこれは麻薬の問題ではなく、毒物事件だと判断します。

ローマの哲学者、ルクレティウス曰く
「ある人にとっての食べ物は、他の人にとって毒である。」



毒物事件には4つのパターンがあるらしい。

\治テロリストやカルト集団などの狂信者タイプ
恐喝目的で商品に毒物を混入させるタイプ
イタズラ
ど讐

イタズラ以外は犯行を行う前にテストを行って被害を出すことがあるようです。

よくそんなにパターン分けできるなぁ。
生物兵器もそうですが、こういった犯罪は被害者を選ばないあたり、実は一番怖いのではないかと思います。
日本のオウムのサリン事件や和歌山カレー砒素混入事件とかね。

リード博士の毒物解析によると被害者からはPCP(フェンシクリジン・・・強い幻覚作用を持つ)系の薬物は出ておらず
ロヒプノール(中枢神経を抑制する薬)が使われている。副作用として記憶を失ってしまっており、摂取経路不明。
これで見えてきたのは今回の犯行には2つの薬物が関わっていてLSDで幻覚を見せ▲蹈劵廛痢璽襪覇手経路を忘れさせています。結構賢いというか、巧妙な手口です。

リードとJJが病院に調査に出かけたところ、ボツリヌスを摂取し危篤状態の女性が・・。名前はリン・デンプシー。
彼女は「ふと・・・ふ・・と・・」と呟やきますがそれ以上のヒントは得られず。
摂取現場を調査するエルとタフガイですが銀行の監視カメラに毒物の被害者全員を確認。
どうやらここで犯行は起こったようです。
彼らは銀行のキャンディーを口にしていた。 
しかしそのLSDが含まれるキャンディーを仕込んだのは、毒に倒れ、生死の境目を彷徨うリン・デンプシーだった。
なあんと彼女は共犯者で、用が済んだ後、犯人にボツリヌス菌を仕込まれて倒れたのです。

彼女の勤務先はヒッチコック製薬という製薬会社であり、リストラにあった人物を洗うと一人の男が浮上。
彼(ヒル)は上司から非常な目に遭い、上司を恨んでいた。ここから犯行の動機が伺えました。

彼は素直に次に毒を仕込んだ場所(パーティーの食事の中)を教えますが客は会社の下っぱばかり。
彼が恨んでいた相手とは程遠い。おかしいと思っていると犯人は苦しんで死んでしまいます。
何も手がかりが出ることなく死んでしまうと次の犯行が食い止められない。
もう一度銀行のビデオを見ると、キャンディーの他に、封筒を触っているリンが。
実はリードの報告によると被害者の中に糖尿病患者がいたためこの人はキャンディーを食べていない。
つまり毒はキャンディーでなく封筒に盛られていました。
しかし一行は、上司達がキャンプに行っているという情報を聞きつけます。
毒(ボツリヌス菌)は、彼らの封筒ののりにくっついていたのです。
なんかアメリカで封筒使った犯行問題にならなかったけ?炭素菌みたいな。

現場へと向かったBAUは既に倒れている男たちに解毒作用のある注射を打ち、危機一髪のところで殺人を食い止めました。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
孔子曰く
「復讐の旅に出る前に墓穴を2つ掘れ」


帰りの飛行機で「なぜFBIの中でBAUを選んだの?と質問するエル」
「検事局にいた頃多くの殺人現場に携わってきたけど、僕が関わるのは誰かが殺された後だったから。」
誰かが死ぬ前に、自分でとめたかったんでしょうね。確かにその気持ちはわかる気がします。


自分の死をかけてまで相手を殺そうとするなんて、復讐の怨念は怖いですね。

どうでもいいけどタフガイとガルシアでダーリン・ハニーと呼び合うのはやめて

| サマンサ | 【感想】クリミナル・マインド | comments(1) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

2008.03.02 Sunday 01:59

| スポンサードリンク | - | - | - |

COMMENTS

(2009/09/09 10:48 PM)

最後の質問をしたのはエルではなく、JJですよ










TRACKBACK

url: http://ray-pippi.jugem.jp/trackback/133
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

RECOMMEND

MOBILE

qrcode

SPONSORED